menu

ベニハゼの飼育

ベニハゼ

沖縄で採集してきました!
ベニハゼ
沖縄のショップではあまり流通がないように思います。
餌を食べる時以外は、じーーっと殆ど動きません。
でも動く時は俊敏ですよ!!




赤い体は注目度高し
ベニハゼ

飼いやすさ★★★

特徴とポイント
●沖縄で採集可
●鮮やかな赤い体
●丈夫で飼育しやすい

どんな水槽に向いている?
サンゴ水槽向き or 魚水槽向き →どちらも可


混泳 【普通★★★★☆
組み合わせる魚やエビには注意したい。
小型水槽に複数の種類をいれると互いに闘争することがある。

餌付け 【容易★★★★★
フレークや細かい粒の餌を与えています。よく食べます。

価格
1500~3000円

分布
西部~中部
太平洋

全長
3cm

ひとことアドバイス ( ..)φメモメモ
同種複数飼育について
90cmスリム水槽で現在、ベニハゼを4匹(2.5cm×2、2.0cm×2)飼育しています。
水槽へ導入したばかりの頃は、餌投入時、体が大きな方が、小さい方を攻撃する場面もありましたが
だんだんそれぞれの縄張りができたようで、争わなくなりました。
小型水槽で飼育する場合は、複数飼育はあまりお勧めしません。




※海水魚は生き物、個体差もあります。
ここでの記事や難度の表記は、あくまで飼育される上で参考にしていただけたらと思います。



(海水魚)沖縄産 チゴベニハゼ(1匹) 北海道・九州航空便要保温

価格:2,120円
(2019/1/21 17:48時点)
感想(7件)




当ブログを応援いただける方、
記事を読んで役にたったーなどイイネと思った方、
下のランキングや「いいね!」クリックいただけたら嬉しいですヾ(≧▽≦)ノ



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment